鍼灸学校で仕事探しに役立つ資格を取得!栄養学や生理学も学べる

治療用の鍼

知識や施術スキル以上の物を得られる鍼灸の専門学校

医院

仕事をするために必要な資格を取得するために専門学校へ行こうと考えている人も多いでしょう。最近でははりやきゅうを使用して東洋医学による治療を行う鍼灸師の人気が高まっています。介護施設や整骨院だけではなく、スポーツ業界や美容業界でも需要があるので、活躍する場が増えているからです。鍼灸師に関するはり師やきゅう師の資格を取得するためには、鍼灸専門学校へ通う必要があります。鍼灸だけではなくそれぞれの専門分野を学ぶための学校というのはそのことだけを行うための場所という印象を持っている人も多いでしょう。しかし、鍼灸の専門学校は学生生活を楽しみながら各種知識や施術を学べる環境にあります。

鍼灸学校のカリキュラムをみてみると、はりやきゅうを使用した施術や鍼灸師の仕事をするのに必要な医学に関する知識を学ぶ旨が書かれています。しかし、それだけではなく、いろいろな学校行事の存在もあります。たとえば、一般の学校で行われる学園祭や運動会なども開催されます。これらの行事を通じて同じ鍼灸師を志す人同士、交流を深めることができるのです。また、外国にある鍼灸学校へ短期留学して、本場の知識や施術を生で体感することができる環境にもあります。

鍼灸の専門学校に通うと、鍼灸師の仕事をするための知識や施術スキル以上のものを得られます。

卒業後もサポートしてくれるのが心強い鍼灸の専門学校

介護施設で高齢者向けの施術をしたり、美容関係の職場で美容系のきゅうの施術を行ったりと鍼灸師が活躍できる範囲は幅広くなっています。今後は高齢化社会が進むと予想されるため、介護施設での高齢者向けの施術に関する需要はさらに高まっていくでしょう。そのようなことから、資格を取得して鍼灸師になると、働く職場がなくて困るといったことを回避することができるのです。鍼灸師に関する資格を取得するためには、大学または鍼灸専門学校に通う必要があります。

鍼灸師に関する資格を取得しようとしている人のなかには、専門の鍼灸学校に通うことを考えている人が少なくありません。なぜそのような状況になっているのかというと在学中だけではなく、卒業後もサポートしてくれる環境にあるからです。専門の鍼灸学校では、卒業生が職場で活躍するための知識やスキルをみにつけられるよう、定期的に臨床研修を受けることが可能です。これに参加することで、他の卒業生と意見を交換し合うなどして、これまで自分が知らなかった知識や施術を身につけることができます。さらには、職場で実務経験を積んで独立しようとする場合にも力になってくれるケースもあるのです。

そのようなことから、鍼灸師を目指す場合、鍼灸の専門学校へ通って勉強したり、資格を取得したりしたほうがよいでしょう。

鍼灸専門学校ではどのようなことを学ぶのか

はりやお灸を使用した治療ができる資格として人々の間で注目を集める鍼灸師。はりやお灸で体のツボを刺激して人々の自然治癒力を高めるという東洋医学に基づく治療をするもので、今後も高い需要が見込まれます。そのようなことから、鍼灸師になるために資格を取得しようとする人も年々増加傾向にあります。鍼灸師の資格であるはり師または灸師を取得するため、鍼灸専門学校に通う人も少なくありません。そこで、鍼灸学校ではどのようなことを学ぶのはが気になるところです。

専門の鍼灸学校では、基本的に3年間鍼灸に関する知識を学びます。まず学校に入学してから最初の1年で、栄養学、解剖学、生理学などの基礎知識やはりやおきゅうを使用した基礎的な技術を身につけていきます。2年目にははりやおきゅうに関する専門知識を習得して、鍼灸の応用的な施術を学んでいくのです。最後の3年目になると、リハビリに関する医学の知識を身につけたり、鍼灸師として仕事をするのに必要な理療の経営に関する知識を学んだりするのです。

鍼灸の専門学校に3年間通ってしっかり勉強した後、資格を取得することができれば、鍼灸の医学を必要としている機関では重宝される人材になれるでしょう。